新生活の不安を解消Q&A|AOKIのフレッシャーズ応援スーツフェア

2017年4月から大学生の方

2017年4月から社会人の方

友だちができるか不安です。

大学は中学や高校と違い、全国各地から多様な学生が集まってきますから、ほとんどの新入生があなたと同じ不安を抱えています。ですからまずは気張らずに、サークルの新歓コンパなど新入生向けのイベントに参加してみてはどうでしょう?たくさんの人に出会えば、その中からきっとあなたと趣味や相性の合う人が見つかると思いますよ。また最近は新入生向けにSNSを開設する大学もあるので、そういったツールを活用してもいいかもしれませんね。

友だちができるか不安です。

制服がなくなり、どんなファッションで大学に行けば良いか不安です。

大学は校則もない自由な場ですから、好きな服を自由に着るのが一番だと思います。それでも「毎日のコーディネートに悩む」ということであれば、ファッション誌を参考にしながら、休みの日に次の週の1週間分のコーディネートを考えて手帳などにメモをするのがおすすめです。そうすれば毎朝服を選ぶ負担もなくなりますし、迷った時に過去のメモを見返すとヒントになります。最初は面倒かもしれませんが、きっと手持ちの服も有効活用できますよ!

制服がなくなり、どんなファッションで大学に行けば良いか不安です。

バイトをしてみたいけど、不安です。

もし気になるバイト先がショップや飲食店などであれば、バイトする前に「お客さん」としてそのお店を訪れるのはどうでしょうか?そこで楽しそうに働く人たちの表情やスタッフ同士の様子を見れば、不安要素が少し消えるかもしれませんね。そもそも人付き合いが苦手という人は、人との接点が少ないバイトを選ぶのもいいでしょう。その時によって現場や関わる人が変わる引越しのバイトや倉庫内のバイト、それと短期バイトを選ぶという選択肢もいいと思いますよ。

バイトをしてみたいけど、不安です。

一人暮らしで朝起きられるか不安です。

目覚まし時計やスマホアプリのアラーム機能を活用しても、どうしても二度寝してしまう…そんな人は、新しい生活をスタートするのを機に毎日同じ時間に就寝・起床するという習慣をつけるのはどうでしょうか?それと「朝には太陽光を浴びる」「夜に強い光を浴びない」という2点に気を付けるのも効果的な方法。この2点を習慣にするだけで、夜眠くなり、朝になると自然に目が覚めるという体内時計のリズムができるそう。簡単なのでぜひ試してみてください。

一人暮らしで朝起きられるか不安です。

ゼミって何?

ゼミの大きな特徴は、通常の講義・クラスに対して「少人数制」であるという点です。教授との距離が近い上に学生同士で討論をしたり、研究テーマをプレゼンテーションする等の機会も数多くあるので、受動的な通常の講義では得られない実践力やスキルを養うことができるのも魅力の一つ。またゼミでは合宿や打ち上げなどで楽しい時間を共有することも多いので、クラスメイトとはまた一味違う人間関係を築くこともできます。

ゼミって何?

留学したいけど、英語力が不安です。

たとえば英語圏の国であれば、世界中から英語を学びにくる学生さんや、出稼ぎに来る外国人も多く、街に出れば英語が得意ではない人がたくさんいます。それでも彼らが難なく毎日生活をして、仕事ができるのは、日本人でいう「中学生レベルの語彙力」があれば、日常生活は何とかなるからなんです。とにかく文法が間違っていても、発音が少しおかしくても、とにかくたくさん人と会話することが英語上達への第一歩!正しいか、発音が上手か、ボキャブラリーが豊富か、なんていう問題は次のステップなのです。ですから、まずは勇気を持って飛び込んでみるのがいいのではないでしょうか?

留学したいけど、英語力が不安です。

大学でスーツを着る機会は?

まず大学の入学式には、男女ともにスーツで出席する人が多いですよね。また在学中も学会の発表や就職活動ではスーツが必要ですし、大学外でも塾の講師や家庭教師などのアルバイトをするなら、スーツ着用の義務がある場合も。それに男性であれば、成人式や卒業式でも必ずスーツは着ますし、スリーシーズンOKなものを選べばちょっとかしこまった席や目上の人に会う時に便利です。1セットは持っておくと安心ですよ。

新生活の不安を解消Q&A

新入社員として気をつけるべき点は?

仕事は組織で進めるものですから、社内で良い人間関係を作るのは大切なことです。まずは新人として“できること”から始めましょう。基本的なポイントは3つ。それは「挨拶をきちんとする」「時間や約束を守る」そして「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)を怠らない」ということ。まだ新人だからこそ、社会人としての基本をしっかり守ることが大切!まずはこの3つを意識して毎日を過ごしてみましょう。

新入社員として気をつけるべき点は?

ビジネスカジュアル(ビジカジ)って何?

ビジネスシーンでも通用するカジュアルスタイルのこと。「スーツを着るほどではないけれど、ジーンズではちょっと…」といった時にオススメのスタイルです。ビジカジの基本はテーラードジャケットをスラックスやチノパンと合わせるジャケパンスタイル。基本的にはノータイでもOKですが、顧客先への訪問時や来客を迎える時にはネクタイを締めるといいでしょう。レディースも派手になり過ぎないように、ジャケットを羽織るなどして、落ち着いた雰囲気を意識するとよいでしょう。

ビジネスカジュアル(ビジカジ)って何?

就活用のスーツをビジネススーツで使える?

就職先の会社によって通勤スタイルは異なりますが、4月~5月の頃であれば新入社員らしき若者が就活用のスーツで通勤している姿を見かけることもよくありますし、仕事で就活用のスーツを着ても問題はありません。お給料やボーナスが出たら新しい自分好みのスーツを買うとよいのではないでしょうか?

就活用のスーツをビジネススーツで使える?

電話を上手に取り次ぐには?

電話対応は相手の顔が見えない上に言葉使いも難しく、最初はみんな苦手意識を持っています。でもだからこそ「習うより慣れろ」が上達への近道!まずは「自社の会社名を名乗る」「相手の会社名と名前のメモを取る」「取次先を聞く」という3つの点を守りながら、積極的に電話を取ること、そして近くにいる先輩の電話対応を見て言葉づかいや対応の仕方をマネていってください。そうすればだんだん電話対応への苦手意識をなくすことができるでしょう。

電話を上手に取り次ぐには?

敬語が正しく話せるか不安です。

最初から完ぺきに覚えるのは難しいですから、まずは「行く(参る、うかがう)」「言う(申す・申し上げる)」 といったように、よく使う言葉から覚えて徐々に自分のものにしていくのがよいでしょう。まだ若いうちは敬語が多少使えなくても一生懸命敬意を払っているという態度が見えれば、相手に気持ちは伝わります。「敬語力は1日にして成らず」!目上の人と話す機会を増やしながら場数を踏んでいきましょう。

敬語が正しく話せるか不安です。

年齢や立場の違う方とのコミュニケーションが不安です。

ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも年上の方との話し方に戸惑うことってありますよね。「何をどう話したらいいだろう…?」そんな時はまず誰でも答えやすい天気の話や、時事問題などの雑談からはじめてみましょう。あとは仕事やプライベートについての質問や相談をするのも効果的。年上の方はいわば人生の先輩。自分が話したい、教えたいといった欲求を持っているので質問を上手に投げれば、喜んで話をしてくれるでしょう。

年齢や立場の違う方とのコミュニケーションが不安です。

お酒が苦手ですが、飲み会には参加したい

まずは「酒を飲めない体質である」ことを周囲にハッキリ伝えましょう。そうすればよっぽどのことがない限りお酒をすすめられることもないはず。あとはその場の雰囲気になじんで楽しめれば、「お酒は飲めないけど飲み会に誘ってもOKな人」と認知してもらえるでしょう。お酒の席でのコミュニケーションは仕事の潤滑油のようなもの。よく知らない人よりは知っている人、仲の良い人の方に仕事も頼みたくなるし、相談もしやすくなりますからね。

新生活の不安を解消Q&A