新しい洗濯表示について 平成28年12月から

新洗濯表示記号について

平成28年12月より、衣類の洗濯表示が新JISにならったものに変更となります。
新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、取扱い方の上限を表しています。それにより、繊維製品の取扱いに関するきめ細かい情報が提供されるようになります。また国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した製品の取扱いが円滑に行えると考えられます。(※消費者庁ホームページより)
AOKIの販売商品につきましては、12月以降の新規商品は新しい洗濯表示となっておりますので、以下の新洗濯表示をご確認の上、お手入れをしていただきますようお願いいたします。

洗濯処理の記号

液温は95℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は95℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は70℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は70℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は50℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は50℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、手洗いができる
液温は40℃を限度とし、手洗いができる
家庭での洗濯禁止
家庭での洗濯禁止

漂白処理の記号

塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる
塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる
酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止
酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は
使用禁止
塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

タンブル乾燥の記号

タンブル乾燥ができる(排気温度上限80℃)
タンブル乾燥ができる(排気温度上限80℃)
低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60℃)
低い温度でのタンブル乾燥ができる
(排気温度上限60℃)
タンブル乾燥禁止
タンブル乾燥禁止

自然乾燥の記号

つり干しがよい
つり干しがよい
日陰のつり干しがよい
日陰のつり干しがよい
ぬれつり干しがよい
ぬれつり干しがよい
日陰のぬれつり干しがよい
日陰のぬれつり干しがよい
平干しがよい
平干しがよい
日陰の平干しがよい
日陰の平干しがよい
ぬれ平干しがよい
ぬれ平干しがよい
日陰のぬれ平干しがよい
日陰のぬれ平干しがよい

※ぬれ干しとは、洗濯機による脱水や、手でねじり絞りをしないで干すことです。

アイロン仕上げの記号

底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げができる
底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げができる
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
底面温度110℃を限度としてアイロン仕上げができる
底面温度110℃を限度としてアイロン仕上げができる
アイロン仕上げ禁止
アイロン仕上げ禁止

ドライクリーニングの記号

パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる
パークロロエチレン及び石油系溶剤による
ドライクリーニングができる
パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱い
ドライクリーニングができる
石油系溶剤によるドライクリーニングができる
石油系溶剤によるドライクリーニングができる
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
ドライクリーニング禁止
ドライクリーニング禁止

ウエットクリーニングの記号

ウエットクリーニングができる
ウエットクリーニングができる
弱い操作によるウエットクリーニングができる
弱い操作によるウエットクリーニングができる
非常に弱い操作によるウエットクリーニングができる
非常に弱い操作によるウエットクリーニングができる
ウエットクリーニング禁止
ウエットクリーニング禁止

※ウエットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯です。

付記用語について

記号で表記できない取扱い情報は、必要に応じて用語や文章で付記されます。
例: 「洗濯ネット使用」「裏返しにして洗う」「弱く絞る」「あて布使用」など

  • 新しい洗濯表示
    ※消費者庁HPへ遷移します。
  • オンラインショップ
  • 店舗で使えるクーポン
  • 店舗検索