トップページ > 就活アイテム > デザインでこんなに印象が変わる! 顔型別・就活メガネ選び講座

デザインでこんなに印象が変わる! 顔型別・就活メガネ選び講座

普段メガネをかけて生活をしている方も多いと思いますが、就職活動をするなら、そのメガネが相手に好印象を与えられているかを一度確認した方がいいかもしれません。今回はプロのアドバイスをもとに、自分をより魅力的に見せられるメガネを顔型別にご紹介します!

丸 ○+□でスッキリした印象に!

実年齢より若く見られがちな丸顔さんは、細長いものやスクエア型のメガネをかけてみましょう。顔全体を引き締め、スマートに見せてくれます。フレームは重い印象を与えがちな黒は選ばず、グレー・こげ茶・ワインレッドなどで、太さがあまりないものがオススメです。ブロータイプ(レンズ上部のみに色のついた型)もよいでしょう。

逆三角 丸みのあるタイプを選んで柔らかい顔に

アゴがすっと細くキリッとした印象の逆三角さんは、パッと見た顔の印象を和らげるために、レンズがオーバル(丸)型のものを選びましょう。またウェリントン型など、レンズ自体の縦幅があるタイプをスマートに着けこなせるのも逆三角さんの特権です。ただフレームがないものや細長いデザインだと、冷たい印象になりかねないので要注意。

面長 “ヨロイ”の位置で小顔効果を狙おう

面長さんの最重要ポイントは、レンズとテンプル(つる)のつなぎ目=「ヨロイ」の位置です。人間は、相手の“アゴ~ヨロイまでが顔”と感覚的に捉えるため、ヨロイがレンズの中央寄りに位置していると小顔効果が見込めます。レンズが丸めでフレームやテンプルも太めのものを選ぶことで、シャープな印象がぐっと柔和になるでしょう。

四角 フレームが太めのタイプがgood!

四角顔さんは、華奢なメガネをかけるとより顔の印象が強くなります。したがって、フレームが太めでボリュームがあったり、四角を柔らげる丸みのあるボストン型がオススメ。面長さんと同様の理由で、ヨロイの位置が中央寄りのデザインだとなお良いでしょう。天地幅がある形を選ぶことで、堅い印象を柔らかくする効果が高くなります。

今までは、自身の好みでメガネを選んできた方が多いでしょう。しかし就職活動では、「相手にどう思われるか」を重視しなければいけません。今のメガネに慣れていると思いますが、メガネは2年程で色褪せてくる傾向もあるので、これを機に1本買い足すのもよいでしょう。選ぶメガネは決して高価なものである必要はありません。手の届く範囲の価格で、自分の個性をしっかり引き出してくれるメガネを、ぜひ顔型と合わせて検討しましょう。

※掲載している価格は、2015年11月現在のものです。 ※商品の価格は予告なく変更になる場合がございます。

監修:宮キヌヨさん
株式会社M’sマネジメント代表取締役。「眼鏡サロン myamya」を運営するメガネプランナー。サロンでは「似合うメガネ診断」なども行っている。

就活アイテム 一覧
  • AOKIメンズ&レディース就活特集ページ
  • AOKI店舗検索
  • 就活生限定クーポン

PICK UP!! おすすめピックアップ記事