トップページ > 就活マナー > 第一印象に影響するNGな仕草や見た目ワースト5

第一印象に影響するNGな仕草や見た目ワースト5

面接では普段慣れていないだけに、おかしな仕草や、悪いクセが出てしまうことがあります。これらは思った以上に面接官の印象に残ってしまうので注意が必要です。今回は、面接中にやってしまいがちなNGな仕草や見た目をご紹介します。

  • ワースト1 シャツやスーツ、靴が汚れている
  • ワースト2 無表情で反応が薄い
  • ワースト3 猫背で姿勢が悪い
  • ワースト4 下を向いて話す
  • ワースト5 髪の毛をさわる

第一印象をよくするためには…?

一度与えた第一印象をくつがえすには、数時間という時間が必要になるそうです。つまり、面接で第一印象を失敗するとリカバリーがききません。少しの仕草にも注意を払って面接に臨みましょう。

監修:才木弓加さん
大学などでの就職対策セミナーの講師を務めるかたわら、自ら就職塾を主宰し、直接学生への指導にあたる。マイナビでは、イマドキの就活のノウハウを熟知した講師陣の一人として、エントリーシート、面接、自己分析、就活マナーなど、多方面から「才木流」の内定獲得術を伝授する。就職情報誌などでの執筆・監修多数。

就活マナー 一覧
  • AOKIメンズ&レディース就活特集ページ
  • AOKI店舗検索
  • 就活生限定クーポン

PICK UP!! おすすめピックアップ記事