トップページ > 就活スタイル > 好印象を与える“色と柄”とは? ネクタイの選び方

好印象を与える“色と柄”とは? ネクタイの選び方

スーツを購入する時に、悩んでしまうのが「どんなネクタイを選ぶか」ですよね。選んだ色と柄によって相手に与える印象がガラリと変わるので、疎かにできません。就活の面接などでも重要な要素のひとつです。そこで今回は“相手に与えたい印象別”に、ネクタイの選び方と避けたい色柄をご紹介します。

ネクタイで相手に与える印象を変えていこう!

就活用のネクタイはつい無難なデザインを選びがち。しかし説明会や面接においては、ネクタイもまた自分をアピールする大事なアイテムになります。時には、緊張のために表情が固くなって印象が暗くなりそうな状況を、ネクタイの明るい色合いでカバーできるかもしれません。演出したい印象に合わせて上手に選びましょう!

スマートさをアピールしたい 青(紺)レジメンタル
青は知的・勤勉・真面目さを表す色として日本人に好まれる色No.1。白のレジメンタルはシャープなイメージであることからスマートさを強調できます。同じレジメンタルでも、青や紺に対してオレンジなどの暖色系の色は避けましょう。
情熱的に見せたい エンジ レジメンタル
赤は心理学的に見て“やる気”を起こさせる色。ここぞという時に赤系のネクタイを締めると、情熱的に見せることができます。ただ就活用に赤は少し派手なので、エンジがオススメ。最終面接など勝負の時に使うのもよいでしょう。
明るく元気に見せたい 黄色 チェック
黄色は人を明るくして親近感を与えるため、「コミュニケーションカラー」と呼ばれています。チェックは活動的に見えることから、この組み合わせは明るく元気に見せたい時に最適。明るさで勝負したい時にオススメです。
落ち着いた印象を与えたい グレー 小紋
グレーは警戒心を和らげ、穏やかな印象を与える色。同じく落ち着いた印象を与える小紋柄との組み合わせがベスト。保守的な企業の面接時には良いですが、印象に残りづらい色ともいえるので、企業カラーをよく調べておきましょう。
フレッシュさを強調したい 青(紺) チェック
日本人に好まれる青と元気さをイメージさせるチェックの組み合わせは、フレッシュで溌剌とした印象を与えられます。また、柄にギミックを取り入れるとおしゃれな印象も。レジメンタルを意識したチェック柄などもおすすめです。
爽やかな季節感を演出したい 水色 チェック
春に淡いピンク、夏に水色など季節感のある色や柄を取り入れると、爽やかな印象がアップします。ピンクを全面に出すのは就活向きではないので、柄の差し色として。水色は青と同じような印象を与えるので地色で使ってもよいでしょう。

就活では避けた方がいい色や柄は?

派手なピンクや紫、季節外れの色はNG

ピンクは明るい色ですが、日本のビジネスの場では好まれません。また、薄い紫は神秘的なイメージを持たれるので、コントロールしにくい人物という印象を与えてしまいます。そのほか夏に茶色など季節感のない色も印象が悪くなります。


大きな柄やごちゃごちゃした柄は不向き

太すぎるストライプや大きすぎる水玉は大ざっぱなイメージなので、就活には不向き。オーソドックスな柄の方が相手に安心感を与えるので、ペイズリーや変わった紋章がたくさん並んだような、ごちゃごちゃした柄も避けた方が無難です。

覚えておきたいネクタイワード

レジメンタル

レジメンタル

イギリスの連隊旗から誕生した、右上に向かう斜めのストライプ柄を指します。パッと目を引く柄で、印象を強めてくれることから、日本ではネクタイの定番柄として人気があります。
リバース

リバース

レジメンタルが右上に向かうのと逆で、左上に向かうのがリバース柄です。ニューヨーク発祥のブルックス・ブラザーズが最初に発表したことから、「アメリカ式ストライプ」とも呼ばれます。
小紋orクレスト

小紋orクレスト

和風や外国風の小さな柄が入ったものをいいます。就活には、あまり派手な外国風の紋章は避けた方がよいでしょう。またレジメンタルに小紋を配置したものを「ロイヤルクレスト」と呼びます。
大剣・小剣

大剣・小剣

ネクタイの太い方の剣先を「大剣」といい、逆に細い方の剣先を「小剣」といいます。ちなみに、ネクタイの裏にあるループは「小剣通し」といいます。

監修:匠 英一さん
株式会社認知科学研究所・代表取締役。ビジネス心理学会・副会長。デジタルハリウッド大学教授。著書に『「認知科学」最強の仕事力』(高橋書店)など多数。

就活スタイル 一覧
  • AOKIメンズ&レディース就活特集ページ
  • AOKI店舗検索
  • 就活生限定クーポン

PICK UP!! おすすめピックアップ記事