トップページ > 就活スタイル > デザインと実用性で選ぶメンズ就活バッグ

デザインと実用性で選ぶメンズ就活バッグ

就活が始まると、バッグを毎日のように持ち歩きます。ともに就活を乗り越えるパートナーになるので、しっかりしたいいものを選びたいですよね。そこで今回は、バッグ選びのポイントと、先輩たちが何をバッグに入れていたのか、その中身を探ってみました。

就活バッグを選ぶポイントはコレ!

就活バッグの整理ポイント


就活バッグの中身を教えて!

Q1 就活バッグには、どんなものを入れていましたか?


先輩たちの半数以上が、「財布」「ペン・筆箱」「手帳」「スマートフォン・携帯電話」「会社案内」「ハンカチ・ティッシュ」「水筒・ペットボトル」「メモ帳」「スマートフォン・携帯電話用の充電器」「定期券・共通乗車カード」の“10アイテム”をバッグに入れていた結果に。このほか「ノート」(40.2%)「お菓子・携帯食品」(22.7%)「携帯用洋服ブラシ」(16.5%)、と続きました。

Q2 バッグに入れておくと便利なアイテムと活用術は?

提出した履歴書のコピー。受ける会社が多い人は、履歴書に書いたことと面接官への
返答がちぐはぐにならないよう、面接前に確認した方がいい」(情報・IT業界内定)

ウエットティッシュ。靴の汚れ落とし用に」(医薬品・化粧品業界)

バッグインバッグで、充電器や、必要なものをまとめておこう」(情報・IT業界内定)

クリアファイルを入れておくと便利。説明会などでもらう資料をきれいに保管できます」
(食品・飲料業界内定)

下痢止め。緊張したときの腹痛を抑えられたから」(情報・IT業界内定)

「万が一のときのために、折り畳み傘!」(広告・出版業界内定)

「自分の長所や短所、会社の志望理由などを簡単にメモしたノート
面接前にキーワードだけでも確認して、安心する」(機械・精密機器会社)

口臭直しのお菓子とリップクリーム。面接ではできるだけ印象悪く見られないように、
臭いと見た目に気をつけよう」(不動産業界内定)

バインダーなど下敷きになるもの。机がない説明会とかもあったので便利」
(その他業界内定)


このほか、「ボイスレコーダー」「手鏡」「ポストイット」「鎮痛剤」「胃腸薬」「実印・はさみ・のり」などの意見がありました。


就活バッグは、「素材はナイロン+革」「持ち手が下がる」「A4書類が余裕で入る」「マチ下までファスナーがある」「外ポケット付き」などがセレクトのポイント。先輩たちがバッグに何を入れていたかを参考にして、自分にぴったりのバッグを見つけましょう。

AOKIメンズ就活バッグラインナップを見る

就活スタイル 一覧
  • AOKIメンズ&レディース就活特集ページ
  • AOKI店舗検索
  • 就活生限定クーポン

PICK UP!! おすすめピックアップ記事