• トップ
  • メンズ
  • レディス
  • 開発エピソード
  • 就活生をサポート
Data Discussion

開発エピソード

「究極の就活スーツ」を開発するため、就活スーツについて2017卒就活生へ徹底リサーチ。
マイナビ学生の窓口のアンケート実施に加え、AOKIの社員と直接意見を交わす座談会を実施。
リアルな就活生の声を反映させることにこだわって「究極の就活スーツ」は誕生しました。

Data

Q 就活スーツの悩みはどんなことでしたか?

  • Men’s
  • Ladies’

出典:(株)マイナビ学生の窓口 【社会人1年目の男性】就活ファッションに関する悩みについてのアンケート(有効回答数300)/【社会人1年目の女性】就活ファッションに関する悩みについてのアンケート(有効回答数306)

すべての悩みに向き合い、「究極の就活スーツ」開発に反映させました。

男性で、もっとも多かったのは「夏場や湿気の多い日は、暑いから蒸れてしまう」というもの。やはり、暑い季節が就活のピークとなった先輩たちは、スーツに快適さを求めていたようです。女性では、疲れにくさやシワにならないこと、クリーニングによる時間のロスも悩みの上位を占めました。それらすべてに対応する機能を装備させたのが、「究極の就活スーツ」です。

Discussion

新スーツ開発へ向けて“就活スーツ”座談会開催!

2017年卒から企業の選考開始時期がそれまでよりも2ヵ月ほど早まるなど、就活の短期決戦化は続いています。さらに、インターンシップなどのプレ就活ともいえる活動は3年次の前半からめじろ押し。学業と両立させながら納得できる活動をするために、早めの準備が欠かせません。

就活スーツ選びも抜かりなく進めたいもの。そこで、マイナビ 学生の窓口とAOKIがタッグを組み、満足度の高いスーツの開発に向けて就活スーツの座談会を開催しました。先輩就活生、AOKIの商品開発担当者に加え、マイナビで就活に関わる各種調査を担当するHRリサーチセンターの方にご意見番として参加していただきました。

先輩就活生 座談会参加者

AOKI・マイナビ 座談会参加者

スーツを買うときには、十人十色のチェックポイントが

― 就活スーツを購入するとき、こだわったことは?

福原さんと宮田さん

福原さん:ジャケット1着にスカートとパンツの両方を買って着まわしました。私はスカートよりもパンツが好みなので、就活はすべてパンツスーツにしようと思っていましたが、暑い季節などはスカートがあって助かりました。

宮田さん:僕はスーツを2着、買いました。教育実習でも毎日スーツ着用だったのですが、2着を交互に着ていたので、生地のダメージを軽減できました。色は、1着は黒色、もう1着は濃紺。その日の気分で選んだりできたので、違う色にして良かったなと思いました。

AOKI:就活スーツは勝負服ですし、こまめな手入れが欠かせませんが、就活中は忙しくてなかなか時間が取れないこともあります。何着かご購入される学生の方は多いですね。

小林さん:私は3着買ったんです。クリーニングに出している間にほかのスーツを着られて便利でした。

小林さん

星野さん:僕は志望企業のコーポレートカラーに合わせた色のネクタイを選ぶなど、小物にもこだわりました。それから、アイロンの手間を省ける形状記憶シャツは必須です。

森さん:たしかに小物も重要ですよね。私はバッグと靴、コートは、就活で無難に使えて、かつ社会人になってからも使える質の良いものを選びました。

スーツへのダメージに対する悩みは深刻

― 就活中、スーツを着ていて困ったことは?

星野さん

福原さん:スカートの座りジワが気になりました。パンツはシワがあまり気になりませんでしたが、アイロンがけには苦労したな。センタープレスのラインがずれてしまったりして。

星野さん:僕はジャケットのシワや型崩れも気になりましたね。

福澤さん:同感です。「形状記憶スーツがあったらいいのに」と何度思ったことか(笑)。

塙さんと三輪さん

AOKI:男女問わず、シワが気になるという意見は多いんです。シワは第一印象にもつながるので、さらに追究していきたいところです。

宮田さん:僕は2着とも冬用スーツだったんですが、夏場は暑かったな…。就活は6月頃に終わったので、夏用スーツは買いませんでしたが、長引いていたら購入していたかも。

小林さん:その気持ち、よく分かります。私は暑がりなので、スーツのときのシャツやカットソーは季節を問わずに半袖を着ていました。

森さん:私はデザイン面で困ったことがありました。訪問先で選考直前、メイクを直しに行こうとポケットに口紅を入れようとしたら、それがフェイクのポケットで(笑)。スーツのポケットにものを入れることは多くはないものの、あったほうが助かります。

― 就活スーツ選びで「こうすれば良かった」と思うことは?

福澤さん 森さん
栗田さん

福澤さん:僕は冬用スーツで就活していたんですが、夏用にしても良かったのかもしれないと思いました。皆さんも言っていた通り、夏場の暑さは本当につらかった。冬場はコートを着るので、夏用スーツでも寒さはカバーできるのかな、と。

福原さん:私は正反対。夏用スーツだったんですが、冬場は寒くて、中にたくさん着込んだりしていました(笑)。人によって好みがあると思いますし、実際に年間を通じてスーツを着てみないと分からないことも多いのですが、冬用と夏用のどちらを選ぶか、就活スーツ選びのポイントの一つになるのかもしれませんね。

森さん:実は私、自分で就活スーツを選んでいなくて、合いそうなサイズのものを母に買ってきてもらったんです…。採寸も試着もしていないので、当然のことながらフィットせず、3着も買ったのにどれもほとんど着なかった(苦笑)。結局、きちんと採寸してから買った大学の入学式用のスーツで就活していました。採寸や試着は本当に大切です!

マイナビ栗田さん:近年の就活は短期間に集中して進められる傾向があります。1日で複数の説明会や企業を回るといったように、就活スケジュールの濃密さがシワや暑さ問題につながっているとも言えます。今後はさらに短期決戦となる可能性もあるので、それに合わせた就活スーツが必要なのかもしれませんね。

理想はきちんとしながらも“美しく見える”こと

― 皆さんが考える理想の就活スーツは?

小林さん:私はやっぱり、シワになりにくいものがいいな。

座談会全体写真

福澤さん:就活中に満員電車に乗っていたとき、自分は汗をかいていなかったのに、隣り合わせていた人の汗が僕のスーツにめっちゃついていたことがあって(苦笑)。乾きやすかったり、風通しが良かったり、そういうものがあればと思います。

星野さん:ホコリやゴミがつきにくいものがあったらいいですね。

宮田さん:動きやすさも肝心かな。教育実習中、板書で腕を上げ下げするとき、スーツの肩回りが窮屈に感じることがあって。社会人になればスーツを着ている時間は長くなりますから、伸び伸びと動けるものがあれば楽だと思います。

福原さん:私もストレッチの利いた動きやすいものが欲しいです。着ていて楽しい気持ちにさせてくれるスーツがあったらいいですね。

森さん:「このスーツを着たらうまくいく!」と思えるような、自分の気持ちを高めてくれるスーツが欲しいです。例えば、自分のイニシャルが入っていたり、裏地が自分の好きな色だったり、自分だけのプレミアムな要素があったら気合が入りそうです。

座談会集合写真

今回の座談会では、先輩就活生の皆さんから実に多様な意見を聞くことができました。より良い就活スーツの開発はもちろんのこと、店頭にお越しいただいた際にはその方のご要望に合ったご提案をさせていただくなど、あらゆる面からサポートしていきたいと考えております。

PAGETOP